OFF TIME(オフタイム)の成功脳発想
忙しい生活の中のちょっとした OFF TIME(オフタイム)・・リラックスして自分らしい・・自由で、創造的な一時。 そんなOFF TIMEのひらめきに成功のカギが・・!

プロフィール

林 成光

Author:林 成光
私のオフタイムへようこそ! 
おいしいコーヒーをが入りましたよ。
さて、今日の OFF-TIME は・・



ニュース



今日の名言・格言



ブログメールの申込み

このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー



FC2カウンター



最近の記事



カテゴリー



ショッピングモール

★AGFのコーヒー オリゴ糖製品
★ニンテンドーDS-Lite
★ニンテンドーDSの教育ソフト
★禁煙のための医薬品
★禁煙のための健康食品



リンク

このブログをリンクに追加する









広告



Amazonリンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



お勧め書籍

** お勧め書籍 **



月別アーカイブ



最近のコメント



日本全国地震だらけ

皆さん、防災の日(9月1日)は、かなり以前に過ぎてしまいましたが、面白いサイトをご紹介しましょう。

それは

防災科学技術研究所 Hi-net 高感度地震観測網
http://www.hinet.bosai.go.jp/

です。

このサイト、日本全国で起こる地震を、その震源地ごとに、その震度と深さを円グラフと色で示してくれます。 タイムラグはほとんどありません。

地震があったときに、その震源地や震度の情報を得るのには、非常に便利なのですが、それ以外にも、じっと眺めているだけで、かなり面白い・・です。

このサイトには震源マップという機能が付いています(右上を見てくださいね)。 

ここを見ると、7日間、30日間の累積の地震情報を見ることができます。 もちろん、地図上にプロットされているので、一目瞭然です。

じっと見ると・・・いや、じっと見なくても一目でわかるのですが、

日本にある地震の巣や、地溝帯・・などが、はっきりと見えるのです。

皆さん、どう感じられますか?
ぞっと、しませんか?

このサイトには、震度1くらいの小規模な地震からプロットされているので、もちろん私たちが感知できないくらいの小さな地震も含まれています。

でも・・・、多いでしょう。 日本全国 地震だらけ・・って感じじゃないですか。

日本に住んでいたら、地震を避けて通れないことがよく判ります。

阪神・淡路大震災があったのが、1995年1月17日です。 覚えてますか?

私は、当時、池田市の石橋に住んでいましたので、大変な目に遭いました。 
私の郷里は、淡路島の洲本市でしたので、これまた大変でした。

阪神・淡路大震災 ウィキペディア(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E9%98%AA%E7%A5%9E%E3%83%BB%E6%B7%A1%E8%B7%AF%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD&oldid=7684111

体は大丈夫でしたが、頭の上をテレビが飛び、本棚が倒れてきました。 幸いにも、寝ている横に机があったので隙間が出来、それで助かりました。 ラッキーでした。
でも、住んでいたアパートが、次に同程度の地震があれば崩れるとのことで、早々に引っ越さなくてはならなくなりました。


防災科学技術研究所 Hi-net 高感度地震観測網
http://www.hinet.bosai.go.jp/

を見て、もう一度、地震が起きたらどうするかをご家族で話し合ってください。


【OFF-TIME】--自由と創造と拡大の時間--


スポンサーサイト

大人の脳力アップトレーニングプリント

皆さん、最近、人の名前が思い出せない・・とか、電話番号が出てこない・・なんて感じてませんか? 

僕なんか、しっかり自覚しています。

最近は、『脳トレ』ブームですね。 

昔、よく『頭の体操』をやったよなァ・・。 コンパの二次会のスタックでは、絶対誰かが、マッチやコインを出して、『頭の体操』っぽいクイズを出して、これで30分は持ってたよなァ・・なんてことを考えていますと、見つけました。

大人の脳力アップトレーニングプリント
(http://www.suntory-kenko.com/pickup.asp?Syohin=310&key=147)

これは、サントリーさんの「アラビタ」という製品の紹介・販売サイトに載っているので、もちろん無料です。
音読と書取りなど」と「穴あき計算など」の二種類があります。

最近ちょっと気になる方は、トライしてみてはいかが・・?


【OFF-TIME】--自由と創造と拡大の時間--



サントリーの京都ビール工場・・イメージ戦略のすごさ!

先日、サントリーの京都ビール工場に行ってきました。 一応・・遊びじゃないんですよ。 ちょっと私が所属している仕事系の協会の工場見学会です。 

サントリーの京都ビール工場  (http://www.suntory.co.jp/factory/kyoto/introduction/index.html)

ちゃんと勉強をした後、しっかりビール・・・【ザ・プレミアム・モルツ】と【モルツ】を味わうことができました。

今日お知らせしたいのは、このおいしいビールの事ではなく(ごめんなさい)、工場のことです。

まず驚いたのは、敷地内に、チリ一つないのです。 緑がいっぱいあるのですが、落ち葉の一枚も(ちょっと言いすぎかもしれませんが・・)落ちていなかったのです。 きれい・・です。

これってやっぱり、感じがいい・・。 イメージ作りまで、徹底されている点も、感じがいい・・し、さすが・・と、思わせます。 

これッ、【イメージ戦略】ですよね!

仕事には自由さが必要ですが、一つの例外もなく、徹底することもすごく重要ですね。 

これが、企業のコンセプトやイメージに関することならなおさらです。

この統一感、徹底ぶりが、コンセプトやイメージを鮮明に、そして強く、周りの人たちに伝わるのですよね。

これが信頼に繋がるのだと実感しました。

・・・これって、しっかりサントリーさんの術中にはまっている・・?


もう一つ驚いたのが、工場で働いている人の数です。 350名ほど(正確に覚えていません・・ごめんなさい)なのです。 つまり、ほとんどがオートメーション化され、システム化されているということです。 

そうでなければ、あれだけの生産量をこなせないのは判るのですが、それでも、やはり、すごい・・。

もうひとつオマケ。 ホームページを見てください。 

【周辺のおすすめガイド】として、地域のお店紹介があります。 
これも地域協力の一環なのでしょうが、ちょっとほのぼのとした気分にさせます。
これもやっぱり、【イメージ戦略】ですよね。

お近くにお住まいの方は、一度行って見てください。


【OFF-TIME】--自由と創造と拡大の時間--



本は別の世界を教えてくれる

このブログをはじめるときに、通勤電車のなかでは、もっぱらを読んでいる・・と書いたと思いますが、

を読むのは、当に勉強になります。
勉強・・って堅苦しい表現をしてしまいましたが、
「自分が知らない別の世界を教えてくれる」・・と言った方が当たっていると思います。

もちろんテレビでも自分の知らない情報を得ることはできます。
でも、ちょっと考えてみてください。 
テレビは、短くても30分、長くて2時間番組です。 
ですから、この時間内で情報をまとめて伝えなくてはなりません。

それに、テレビにはスポンサーが付いていますから、その番組が多くの人に見てもらえるもの・・視聴率の高いものでないといけない・・という宿命があります。

だから、テレビでは、
多くの人が興味があって、内容は理解できて、30分から1時間程度で伝えられるもの・・になってきます。 仕方ないことです。

でもは違います。 著者が伝えたいことを、十分な資料と言葉で、説明されています。 

多く売れる・・利益が出る・・に越したことはないのでしょうが、テレビの制作費とはケタが違いますから、少ない部数で元が取れ、内容が万人受けされるものである必要性もさほど高くありません。

だから、おもしろい・・んです。

それに、・・これは私的には、すごく重要なことなのですが・・、は全部読む必要がないんです。

テレビだと、知っている部分でも、そこを飛ばすことができませんよね。 
はこれができます。 知りたい部分は精読して、他は速読することだって自由です。

私も、本を読むスピードがあがって、少しは速読できるようになって来ましたから、もう、バンバン速読で読んで、これは・・っと言うところだけ、じっくりと、何度も、線なんかも引きながら読んでます。

そうすると、本を読む・・新しいことを知る・・のが、楽しくなってしまって、
もっと知りたい・・、もっと読みたい・・という状態になりました。


小学校などで、精読を教えられ、本を読む=精読・・という固定観念が出来てしまっていますが、

皆さん、これを忘れましょう・・、変えましょう・・、もう大人なんだから・・。

私が言ったように、知りたいところだけ読む、読みたいところだけ読む・・、後は飛ばす。
・・これ、やってみて下さい。
きっと、世界が変わりますよ

但し、本を置く場所・・って新たな悩みが出てきますが・・。 もう私の部屋は大変です。 本で足の踏み場がありません。 地震がくれば、山崩れ状態になりそうです。 アハッ!


【OFF-TIME】--自由と創造と拡大の時間--



韓国のバイタリティ

先日、韓国の会社の方といっしょに仕事をする機会がありました。
そのときには、韓国の現地に行って仕事をする必要がありましたので、その方の会社にもおじゃまし、職場を案内していただけました。

そこで、感じたことなのですが、
韓国のビジネスマン・ウーマンの上昇志向はすごいです。
それに、企業自体がインセンティブを与えて、それを支援する仕組みを作っています。

一例は、語学です。 韓国のトップクラスのビジネスマン・ウーマンは、日本語と英語をほんとうにネイティブのように話します。

私は日本語以外には使いませんでした。 彼らは、単に日本語を話す・・というレベルではなく、日本語の細かなニュアンスも理解します。
もう、日本人と変わらないのですよ。 もちろん、ジョークも理解します。

これには、やはり日本と韓国で、文化が近く、人の感覚も近い・・ということもあるのだと思いますが・・。

私など、一応英語をしゃべりますが(英国、米国で生活した経験がありますし、仕事でも使いますから)、ジョークの理解はできません。 
例え意味が判っても、なぜおもしろいのか・・? その感覚が理解できないのです。
私の英語力が悪いのでしょうが・・、この程度です。 それでも苦労したんですよ。

それを韓国の人は意図もカンタンにやっています。

企業自体も、それにインセンティブを与え、企業内で研修を行い、試験で良い成績を取れば、よいポジションに就け、サラリーがあがる仕組みになっています。

世の中全体が上昇志向なのです。

韓国のバイタリティ・・恐るべし・・です。

日本人も、成長をわすれてはいけません。 上昇志向を失ってはいけません。
お隣さんにカンタンに追い抜かれます。


【OFF-TIME】--自由と創造と拡大の時間--