OFF TIME(オフタイム)の成功脳発想
忙しい生活の中のちょっとした OFF TIME(オフタイム)・・リラックスして自分らしい・・自由で、創造的な一時。 そんなOFF TIMEのひらめきに成功のカギが・・!

プロフィール

林 成光

Author:林 成光
私のオフタイムへようこそ! 
おいしいコーヒーをが入りましたよ。
さて、今日の OFF-TIME は・・



ニュース



今日の名言・格言



ブログメールの申込み

このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー



FC2カウンター



最近の記事



カテゴリー



ショッピングモール

★AGFのコーヒー オリゴ糖製品
★ニンテンドーDS-Lite
★ニンテンドーDSの教育ソフト
★禁煙のための医薬品
★禁煙のための健康食品



リンク

このブログをリンクに追加する









広告



Amazonリンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



お勧め書籍

** お勧め書籍 **



月別アーカイブ



最近のコメント



あの奈良ドリームランドが閉園

奈良ドリームランド(http://www.nara-dreamland.co.jp/)が8月31日で閉園します。 皆さんはご存知でしたか?

私も子供のころ、両親に連れて行ってもらいました。 あそこは別世界だったことを今も覚えています。 その頃は、大型遊園地は非常にめずらしかった時代ですから・・。

奈良ドリームランドに先立ち、あやめ池遊園地も昨年、閉園しました。
実は、あやめ池遊園地のすぐ近くに住んでいたことがあり、土日や祝日には朝早くから子供達の歓声が聞こえていました。

なので、【なぜ閉園?】・・と思っていました。

平日は入場客が少ないのは判りますが、逆に平日は、ちっちゃな子供達が広場を走り回れるチャンス・・。
最近は、公園や空き地も少なく、ましてや道路で遊ぶ・・なんて出来ません(僕の子供の頃は、道路と空き地が遊び場でした)。 そのためにもずっと営業してほしかった。

このような遊園地は貴重な存在です。

何か、ビジネスとして成り立たせる道はないのでしょうか?

例えば、
遊園地の広場の真ん中にテントを張って、周りで子供を遊ばせるスペースを作る・・だたこれだけ・・・なので、入場料を半額にする。

近くの幼稚園、保育園の園児にどんどん来てもらう・・送迎も工夫。

遊園地スペースの外苑に幼稚園や保育園を誘致する。

遊園地=ジェットコースターなどの大規模な施設を使った遊びの場・・を止め、
遊び=学習 と捕らえて、総合学習スペースとして、
図書館やお勉強スペース、施設を設けて、小中学校の生徒も利用できるようにする。
チルドレンプログラム・・などを開催して、プログラムに沿って学習してもらうのもいい。

子供達の遊び方が変わった・・のも事実でしょうね。
先週末に、甥っ子が遊びに来ましたが、ゲームがしたい・・と言います。 まだ小さいので、ゲームのルールを判って楽しんでいるのではないのですが、画面を見て、キーやボタンを操作(ただ叩いているだけなのですが・・)するのが、楽しいようです。

おとなの私からすると、あまりに単純過ぎたり、勝敗が機械まかせ(コンピュータまかせ)だったりして、面白くありません・・子供のおもちゃに、つっこんで・・どうするんだ。

でも、自分の工夫や考えが試せないんじゃ・・絶対面白くない。

昔、ビー球も、メンコも、コマも、どうにかしてうまくなろう、友達に勝とう・・と思って、練習もしたし、工夫もした。
皆さんのなかにも、メンコの周囲をどのように曲げれば、相手が良く飛ぶか・・なんて、工夫した方がおられるんじゃないでしょうか?

どんな環境でも、子供達はスクスクと育つのでしょうが、

大人として、やっぱり、のびのびと、安全に走り回れ、遊べる場所や施設を確保してあげたいものです。

これからの日本を支えるのは子供たち・・その豊かな創造性です。
日本は資源では絶対に世界で勝てません。 知恵で勝たなければなりません。 それしかないのですから・・。

【OFF-TIME】--自由と創造と拡大の時間--


スポンサーサイト

お盆の行事

もう2週間ほど前になるが、8月15日に、大阪の四天王寺さんにお盆のお参りに行きました。

(詳しく勉強した訳ではないので、以下のことは間違っているかも知れませんが)

お盆になると、
今では少なくなったかも知れませんが、お仏壇にお膳を用意し、お祭りしますよね(我が家もやりました)。
そして、家族みんなが、先祖のことを想い、話題にする。

「現世は人間の修行の場、ここで修行してその修行が終わったらあの世に行けて、幸せに暮らせる・・」と、小さい頃よく聞かされました。

このような人生観、人間観を持っている国民は他に居るのだろうか? 
タイやビルマなどは、仏教国なので、同じような思想はあるのでしょうが、(行ったこともないので、間違っているかもしれませんが・・)彼らの国では、一般人と僧侶は別の世界に生きているように思います。

それに比べ、日本では、それが一般の人たちの暮らしの中に入っています。 

現世が修行の場なら、皆謙虚になれる。 そして修行が終わって行くあの世が幸せなところなら、現世の苦労も苦にならない・・いや、より一層努力するでしょう。

この国に生まれて良かった・・と思う。 
こんな考えからは、戦争など起こらない。
仏教を基本に国を治めようとした聖徳太子は先見の明があったと思います。

戦争は人が起こすのじゃない・・国家が起こすのだろうなあ・・これも日本に限ってのことか?


【OFF-TIME】--自由と創造と拡大の時間--



「読み・書き・そろばん」は生きている

昔は「読み・書き・そろばん」と言ったものだ・・というのを聞いて、気づきました。

いや・・この言葉は、今でも大事だ・・生きている。

読み・・とは、読書力、語学力、そして、理解力のことだ。
書き・・とは、情報の発信力のことだ。
そろばん・・とは、経済の理解力のことだ。

って考えれば、今のビジネス書に書いてあるのと同じです。

これだけをマスターすれば、どんなビジネスでも成功できる。

皆さん、「読み・書き・そろばん」は、古い・・なんて言えませんよ!

私なんか、
●最近になって、読書力が重要だと気付いて、本を読み漁り始めたし、
●情報発信も、やっとこのブログを始めたくらい。 
●経済のことは、大学が理系だったので、まったく判らない・・と、きている。 大前研一先生の本などを読むと、そうだったのか・・と、ビックリすることばかり・・

これじゃ・・成功する訳がないですね。  昔の人は良いこと言ってます・・!


【OFF-TIME】--自由と創造と拡大の時間--



立体の中吊り広告

電車の中吊り広告で、立体のものを見つけました。

通常の広告に、薬のパッケージがくっ付けてあります。

やはり、目をひきます。 まじまじと見てしまいました。

電車の中吊り広告は、スペースが決まっている中で、伝えたい情報を盛り込まなくてはならないので、あまり工夫を凝らす訳にはいかないのでしょうが・・、

思いつきました・・

視覚のマジックのようなものを使って、見る人に「あれッ」と思わせる・・というのは如何でしょうか?

北岡明佳の錯視のページ  を一度ご覧下さい。

すごいよ!  これは静止画です。 動画じゃありません。

こんなのばかりが、世の中に溢れたら、気分が悪くなりそうだけど・・、
工夫次第で、絶対使える!!


中吊り広告で気付いたもう一つのこと・・それは、色です。

赤がやはり目をひきます・・。 次が金色や黄色。 そして、青・・。
なんといっても赤がダントツだと思う・・。 そこに目が行きます。
こんなのは、色彩学を学んだ人にとっては常識でしょうが・・、今日は実感しました!

OFF-TIME】--自由と創造と拡大の時間--



クールビズ・・二重の服装体系になってないか・・

皆さんの会社は、クールビズですか? 

それでは、お客さんと会うとき、正式な行事のあるときは、どういう服装ですか? 

そのときは、スーツじゃなきゃ・・ってなっていませんか?

それって、二重の服装体系になっているだけじゃないですか?

ハワイやタイでは、涼しいアロハやアオザイを着ていますが、これ自体が正装。

本当の意味でクールビズを定着させるなら、正装から、クールビズを考え始めてみませんか?  

涼しい正装。 アオザイのような薄くて涼しい上着で、中はTシャツ。

ファッション業界の方・・、いかがなものだろうか?

【OFF-TIME】--自由と創造と拡大の時間--