OFF TIME(オフタイム)の成功脳発想
忙しい生活の中のちょっとした OFF TIME(オフタイム)・・リラックスして自分らしい・・自由で、創造的な一時。 そんなOFF TIMEのひらめきに成功のカギが・・!

プロフィール

林 成光

Author:林 成光
私のオフタイムへようこそ! 
おいしいコーヒーをが入りましたよ。
さて、今日の OFF-TIME は・・



ニュース



今日の名言・格言



ブログメールの申込み

このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー



FC2カウンター



最近の記事



カテゴリー



ショッピングモール

★AGFのコーヒー オリゴ糖製品
★ニンテンドーDS-Lite
★ニンテンドーDSの教育ソフト
★禁煙のための医薬品
★禁煙のための健康食品



リンク

このブログをリンクに追加する









広告



Amazonリンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



お勧め書籍

** お勧め書籍 **



月別アーカイブ



最近のコメント



お勧めの一冊『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』

私の読んだ本の中から、お勧めの一冊をご紹介しています。

【お勧めの一冊】
AI vs. 教科書が読めない子どもたち



▽今回ご紹介するのは、
    AI vs. 教科書が読めない子どもたち 新井 紀子 (著)
 です。

▽すでの多くのメディアや、
 あの林先生もTVで推薦したので、
 ご存知の方も多いと思いますが、

 まだ、お読みではない方は、是非、読んでみてください。
 衝撃の内容です。

▽あまりAIに興味のない方は、
 第3章 教科書が読めない――全国読解力調査
 ・・からお読みになっても良いと思います。

▽引き込まれてしまいますよ!

▽この本では、
 現在の中、高、大学生の読解力が危機的な状況であること
 紹介しています。

全国2万5000人の学生で、基礎的読解力を調査した結果、
 3人に1人が、簡単な文章すら読めない

 ・・という実態が明らかになったのです。

▽この本の中には、
 学生たちに出された問題もたくさん紹介されていますから、
 是非、皆さんも挑戦してほしいのです。

▽多分、そんなに苦労せずに解けるはずです。

▽むずかしい数学の知識や公式など必要ありません。
 ただ、問題文をじゅぶんに理解できれば、
 中学生レベルなら解ける内容です。

▽中学の1年から3年生、高校の1年から3年生の
 どれだけの%が正解できたのかも載っていますが、
 その数値には驚きます。

高校3年生になっても、半数が正解できていないのです。

▽私は、兵庫県出身なのですが、
 これらの問題を見て、
 昔、高校受験が兵庫方式という、思考力テストだったのを
 思い出しました。
 まさに、これでした。

▽当時、兵庫県は進んでいたのかもしれませんね。

▽著者は、このような状況では、
 「教科書」自体を理解することができないだろうし、
 教師の説明も理解できないだろう

 ・・と言っています。

▽そうかも知れません。

▽じゃぁ、どうやって学ぶのでしょうか?

 これからの日本人の将来はどうなるのでしょう?

▽著者の新井 紀子さんは、
 日本トップの数学者であり、AIの研究者です。

▽東大に合格するAIを作るプロジェクトを立ち上げ、
 実際に「東ロボくん」というAIを作り、
 MARCHクラスには合格できるレベルにまで達することが
 できています。

▽その著者が、
 近い将来、多くの仕事がAIに取って代わられ、
 人間の担う仕事は、AIに出来ない仕事になるだろうが、
 まさにそのAIに出来ない事が、文章の読解であり、
 これを現代の若者も出来なくなっている

 ・・と警鐘を鳴らしているのです。

▽つまり、
 AIと同じことしかできない人間は、
 AIに仕事を取られ、
 大失業時代に突入する・・というのです。

▽私はTVのクイズ番組を見て、同じようなことを考えます。
 よくやっているクイズ番組は、
 記憶力をためす問題です。

▽そして、
 それで高得点であれば、ある種頭が良い
 ・・という評価をしています。
 ・・というか、そういう価値観を観る人に植え付けています。

▽記憶力は重要な要素だとは思いますが、
 だから、頭が良い・・とは直接結びつきません。
 すくなくとも、これはAIが最も得意とする分野で、
 今でもGoogleで調べれば、何でも出てきます。

▽私たちが目指すべきところは、そういうところではない
 ・・と思います。

▽皆さんも、この本を読んで、
 じっくり考えてみてください!

▽お勧めの一冊です。

【お勧めの一冊】
AI vs. 教科書が読めない子どもたち



~*~*~*~ 《↓出張が決まったら↓》 ~*~*~*~







 ==========================

 Banner-selectshop

 ⇒北林 優さんの著作
 ⇒オフタイム成功 お勧めの一冊
 ⇒禁煙の本
 ⇒漢方の本
 ⇒地球の歩き方DS
◆【ブログメール】(左欄)のサービスをご利用ください。このサービスは、私がブログを
 更新すると、登録されている皆さんに、そのことをメールでお知らせする・・
 というものです。
 詳しくは ⇒ http://offtimeseikou.blog73.fc2.com/blog-entry-99.html

 Banner-中年ハワイ

◆兄弟ブログの『中年夫婦で楽しむハワイ』もどうぞよろしく!
  http://chuunennhawaii.blog85.fc2.com/



スポンサーサイト

お勧めの一冊『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』

私の読んだ本の中から、お勧めの一冊をご紹介しています。

【お勧めの一冊】
AI vs. 教科書が読めない子どもたち



▽今回ご紹介するのは、
    AI vs. 教科書が読めない子どもたち 新井 紀子 (著)
 です。

▽すでの多くのメディアや、
 あの林先生もTVで推薦したので、
 ご存知の方も多いと思いますが、

 まだ、お読みではない方は、是非、読んでみてください。
 衝撃の内容です。

▽あまりAIに興味のない方は、
 第3章 教科書が読めない――全国読解力調査
 ・・からお読みになっても良いと思います。

▽引き込まれてしまいますよ!

▽この本では、
 現在の中、高、大学生の読解力が危機的な状況であること
 紹介しています。

全国2万5000人の学生で、基礎的読解力を調査した結果、
 3人に1人が、簡単な文章すら読めない

 ・・という実態が明らかになったのです。

▽この本の中には、
 学生たちに出された問題もたくさん紹介されていますから、
 是非、皆さんも挑戦してほしいのです。

▽多分、そんなに苦労せずに解けるはずです。

▽むずかしい数学の知識や公式など必要ありません。
 ただ、問題文をじゅぶんに理解できれば、
 中学生レベルなら解ける内容です。

▽中学の1年から3年生、高校の1年から3年生の
 どれだけの%が正解できたのかも載っていますが、
 その数値には驚きます。

高校3年生になっても、半数が正解できていないのです。

▽私は、兵庫県出身なのですが、
 これらの問題を見て、
 昔、高校受験が兵庫方式という、思考力テストだったのを
 思い出しました。
 まさに、これでした。

▽当時、兵庫県は進んでいたのかもしれませんね。

▽著者は、このような状況では、
 「教科書」自体を理解することができないだろうし、
 教師の説明も理解できないだろう

 ・・と言っています。

▽そうかも知れません。

▽じゃぁ、どうやって学ぶのでしょうか?

 これからの日本人の将来はどうなるのでしょう?

▽著者の新井 紀子さんは、
 日本トップの数学者であり、AIの研究者です。

▽東大に合格するAIを作るプロジェクトを立ち上げ、
 実際に「東ロボくん」というAIを作り、
 MARCHクラスには合格できるレベルにまで達することが
 できています。

▽その著者が、
 近い将来、多くの仕事がAIに取って代わられ、
 人間の担う仕事は、AIに出来ない仕事になるだろうが、
 まさにそのAIに出来ない事が、文章の読解であり、
 これを現代の若者も出来なくなっている

 ・・と警鐘を鳴らしているのです。

▽つまり、
 AIと同じことしかできない人間は、
 AIに仕事を取られ、
 大失業時代に突入する・・というのです。

▽私はTVのクイズ番組を見て、同じようなことを考えます。
 よくやっているクイズ番組は、
 記憶力をためす問題です。

▽そして、
 それで高得点であれば、ある種頭が良い
 ・・という評価をしています。
 ・・というか、そういう価値観を観る人に植え付けています。

▽記憶力は重要な要素だとは思いますが、
 だから、頭が良い・・とは直接結びつきません。
 すくなくとも、これはAIが最も得意とする分野で、
 今でもGoogleで調べれば、何でも出てきます。

▽私たちが目指すべきところは、そういうところではない
 ・・と思います。

▽皆さんも、この本を読んで、
 じっくり考えてみてください!

▽お勧めの一冊です。

【お勧めの一冊】
AI vs. 教科書が読めない子どもたち



~*~*~*~ 《↓出張が決まったら↓》 ~*~*~*~







 ==========================

 Banner-selectshop

 ⇒北林 優さんの著作
 ⇒オフタイム成功 お勧めの一冊
 ⇒禁煙の本
 ⇒漢方の本
 ⇒地球の歩き方DS
◆【ブログメール】(左欄)のサービスをご利用ください。このサービスは、私がブログを
 更新すると、登録されている皆さんに、そのことをメールでお知らせする・・
 というものです。
 詳しくは ⇒ http://offtimeseikou.blog73.fc2.com/blog-entry-99.html

 Banner-中年ハワイ

◆兄弟ブログの『中年夫婦で楽しむハワイ』もどうぞよろしく!
  http://chuunennhawaii.blog85.fc2.com/




お勧めの一冊『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』

私の読んだ本の中から、お勧めの一冊をご紹介しています。

【お勧めの一冊】
AI vs. 教科書が読めない子どもたち



▽今回ご紹介するのは、
    AI vs. 教科書が読めない子どもたち 新井 紀子 (著)
 です。

▽すでの多くのメディアや、
 あの林先生もTVで推薦したので、
 ご存知の方も多いと思いますが、

 まだ、お読みではない方は、是非、読んでみてください。
 衝撃の内容です。

▽あまりAIに興味のない方は、
 第3章 教科書が読めない――全国読解力調査
 ・・からお読みになっても良いと思います。

▽引き込まれてしまいますよ!

▽この本では、
 現在の中、高、大学生の読解力が危機的な状況であること
 紹介しています。

全国2万5000人の学生で、基礎的読解力を調査した結果、
 3人に1人が、簡単な文章すら読めない

 ・・という実態が明らかになったのです。

▽この本の中には、
 学生たちに出された問題もたくさん紹介されていますから、
 是非、皆さんも挑戦してほしいのです。

▽多分、そんなに苦労せずに解けるはずです。

▽むずかしい数学の知識や公式など必要ありません。
 ただ、問題文をじゅぶんに理解できれば、
 中学生レベルなら解ける内容です。

▽中学の1年から3年生、高校の1年から3年生の
 どれだけの%が正解できたのかも載っていますが、
 その数値には驚きます。

高校3年生になっても、半数が正解できていないのです。

▽私は、兵庫県出身なのですが、
 これらの問題を見て、
 昔、高校受験が兵庫方式という、思考力テストだったのを
 思い出しました。
 まさに、これでした。

▽当時、兵庫県は進んでいたのかもしれませんね。

▽著者は、このような状況では、
 「教科書」自体を理解することができないだろうし、
 教師の説明も理解できないだろう

 ・・と言っています。

▽そうかも知れません。

▽じゃぁ、どうやって学ぶのでしょうか?

 これからの日本人の将来はどうなるのでしょう?

▽著者の新井 紀子さんは、
 日本トップの数学者であり、AIの研究者です。

▽東大に合格するAIを作るプロジェクトを立ち上げ、
 実際に「東ロボくん」というAIを作り、
 MARCHクラスには合格できるレベルにまで達することが
 できています。

▽その著者が、
 近い将来、多くの仕事がAIに取って代わられ、
 人間の担う仕事は、AIに出来ない仕事になるだろうが、
 まさにそのAIに出来ない事が、文章の読解であり、
 これを現代の若者も出来なくなっている

 ・・と警鐘を鳴らしているのです。

▽つまり、
 AIと同じことしかできない人間は、
 AIに仕事を取られ、
 大失業時代に突入する・・というのです。

▽私はTVのクイズ番組を見て、同じようなことを考えます。
 よくやっているクイズ番組は、
 記憶力をためす問題です。

▽そして、
 それで高得点であれば、ある種頭が良い
 ・・という評価をしています。
 ・・というか、そういう価値観を観る人に植え付けています。

▽記憶力は重要な要素だとは思いますが、
 だから、頭が良い・・とは直接結びつきません。
 すくなくとも、これはAIが最も得意とする分野で、
 今でもGoogleで調べれば、何でも出てきます。

▽私たちが目指すべきところは、そういうところではない
 ・・と思います。

▽皆さんも、この本を読んで、
 じっくり考えてみてください!

▽お勧めの一冊です。

【お勧めの一冊】
AI vs. 教科書が読めない子どもたち



~*~*~*~ 《↓出張が決まったら↓》 ~*~*~*~







 ==========================

 Banner-selectshop

 ⇒北林 優さんの著作
 ⇒オフタイム成功 お勧めの一冊
 ⇒禁煙の本
 ⇒漢方の本
 ⇒地球の歩き方DS
◆【ブログメール】(左欄)のサービスをご利用ください。このサービスは、私がブログを
 更新すると、登録されている皆さんに、そのことをメールでお知らせする・・
 というものです。
 詳しくは ⇒ http://offtimeseikou.blog73.fc2.com/blog-entry-99.html

 Banner-中年ハワイ

◆兄弟ブログの『中年夫婦で楽しむハワイ』もどうぞよろしく!
  http://chuunennhawaii.blog85.fc2.com/




お勧めの一冊『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』

私の読んだ本の中から、お勧めの一冊をご紹介しています。

【お勧めの一冊】
AI vs. 教科書が読めない子どもたち



▽今回ご紹介するのは、
    AI vs. 教科書が読めない子どもたち 新井 紀子 (著)
 です。

▽すでの多くのメディアや、
 あの林先生もTVで推薦したので、
 ご存知の方も多いと思いますが、

 まだ、お読みではない方は、是非、読んでみてください。
 衝撃の内容です。

▽あまりAIに興味のない方は、
 第3章 教科書が読めない――全国読解力調査
 ・・からお読みになっても良いと思います。

▽引き込まれてしまいますよ!

▽この本では、
 現在の中、高、大学生の読解力が危機的な状況であること
 紹介しています。

全国2万5000人の学生で、基礎的読解力を調査した結果、
 3人に1人が、簡単な文章すら読めない

 ・・という実態が明らかになったのです。

▽この本の中には、
 学生たちに出された問題もたくさん紹介されていますから、
 是非、皆さんも挑戦してほしいのです。

▽多分、そんなに苦労せずに解けるはずです。

▽むずかしい数学の知識や公式など必要ありません。
 ただ、問題文をじゅぶんに理解できれば、
 中学生レベルなら解ける内容です。

▽中学の1年から3年生、高校の1年から3年生の
 どれだけの%が正解できたのかも載っていますが、
 その数値には驚きます。

高校3年生になっても、半数が正解できていないのです。

▽私は、兵庫県出身なのですが、
 これらの問題を見て、
 昔、高校受験が兵庫方式という、思考力テストだったのを
 思い出しました。
 まさに、これでした。

▽当時、兵庫県は進んでいたのかもしれませんね。

▽著者は、このような状況では、
 「教科書」自体を理解することができないだろうし、
 教師の説明も理解できないだろう

 ・・と言っています。

▽そうかも知れません。

▽じゃぁ、どうやって学ぶのでしょうか?

 これからの日本人の将来はどうなるのでしょう?

▽著者の新井 紀子さんは、
 日本トップの数学者であり、AIの研究者です。

▽東大に合格するAIを作るプロジェクトを立ち上げ、
 実際に「東ロボくん」というAIを作り、
 MARCHクラスには合格できるレベルにまで達することが
 できています。

▽その著者が、
 近い将来、多くの仕事がAIに取って代わられ、
 人間の担う仕事は、AIに出来ない仕事になるだろうが、
 まさにそのAIに出来ない事が、文章の読解であり、
 これを現代の若者も出来なくなっている

 ・・と警鐘を鳴らしているのです。

▽つまり、
 AIと同じことしかできない人間は、
 AIに仕事を取られ、
 大失業時代に突入する・・というのです。

▽私はTVのクイズ番組を見て、同じようなことを考えます。
 よくやっているクイズ番組は、
 記憶力をためす問題です。

▽そして、
 それで高得点であれば、ある種頭が良い
 ・・という評価をしています。
 ・・というか、そういう価値観を観る人に植え付けています。

▽記憶力は重要な要素だとは思いますが、
 だから、頭が良い・・とは直接結びつきません。
 すくなくとも、これはAIが最も得意とする分野で、
 今でもGoogleで調べれば、何でも出てきます。

▽私たちが目指すべきところは、そういうところではない
 ・・と思います。

▽皆さんも、この本を読んで、
 じっくり考えてみてください!

▽お勧めの一冊です。

【お勧めの一冊】
AI vs. 教科書が読めない子どもたち



~*~*~*~ 《↓出張が決まったら↓》 ~*~*~*~







 ==========================

 Banner-selectshop

 ⇒北林 優さんの著作
 ⇒オフタイム成功 お勧めの一冊
 ⇒禁煙の本
 ⇒漢方の本
 ⇒地球の歩き方DS
◆【ブログメール】(左欄)のサービスをご利用ください。このサービスは、私がブログを
 更新すると、登録されている皆さんに、そのことをメールでお知らせする・・
 というものです。
 詳しくは ⇒ http://offtimeseikou.blog73.fc2.com/blog-entry-99.html

 Banner-中年ハワイ

◆兄弟ブログの『中年夫婦で楽しむハワイ』もどうぞよろしく!
  http://chuunennhawaii.blog85.fc2.com/




お勧めの一冊『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』

私の読んだ本の中から、お勧めの一冊をご紹介しています。

【お勧めの一冊】
AI vs. 教科書が読めない子どもたち



▽今回ご紹介するのは、
    AI vs. 教科書が読めない子どもたち 新井 紀子 (著)
 です。

▽すでの多くのメディアや、
 あの林先生もTVで推薦したので、
 ご存知の方も多いと思いますが、

 まだ、お読みではない方は、是非、読んでみてください。
 衝撃の内容です。

▽あまりAIに興味のない方は、
 第3章 教科書が読めない――全国読解力調査
 ・・からお読みになっても良いと思います。

▽引き込まれてしまいますよ!

▽この本では、
 現在の中、高、大学生の読解力が危機的な状況であること
 紹介しています。

全国2万5000人の学生で、基礎的読解力を調査した結果、
 3人に1人が、簡単な文章すら読めない

 ・・という実態が明らかになったのです。

▽この本の中には、
 学生たちに出された問題もたくさん紹介されていますから、
 是非、皆さんも挑戦してほしいのです。

▽多分、そんなに苦労せずに解けるはずです。

▽むずかしい数学の知識や公式など必要ありません。
 ただ、問題文をじゅぶんに理解できれば、
 中学生レベルなら解ける内容です。

▽中学の1年から3年生、高校の1年から3年生の
 どれだけの%が正解できたのかも載っていますが、
 その数値には驚きます。

高校3年生になっても、半数が正解できていないのです。

▽私は、兵庫県出身なのですが、
 これらの問題を見て、
 昔、高校受験が兵庫方式という、思考力テストだったのを
 思い出しました。
 まさに、これでした。

▽当時、兵庫県は進んでいたのかもしれませんね。

▽著者は、このような状況では、
 「教科書」自体を理解することができないだろうし、
 教師の説明も理解できないだろう

 ・・と言っています。

▽そうかも知れません。

▽じゃぁ、どうやって学ぶのでしょうか?

 これからの日本人の将来はどうなるのでしょう?

▽著者の新井 紀子さんは、
 日本トップの数学者であり、AIの研究者です。

▽東大に合格するAIを作るプロジェクトを立ち上げ、
 実際に「東ロボくん」というAIを作り、
 MARCHクラスには合格できるレベルにまで達することが
 できています。

▽その著者が、
 近い将来、多くの仕事がAIに取って代わられ、
 人間の担う仕事は、AIに出来ない仕事になるだろうが、
 まさにそのAIに出来ない事が、文章の読解であり、
 これを現代の若者も出来なくなっている

 ・・と警鐘を鳴らしているのです。

▽つまり、
 AIと同じことしかできない人間は、
 AIに仕事を取られ、
 大失業時代に突入する・・というのです。

▽私はTVのクイズ番組を見て、同じようなことを考えます。
 よくやっているクイズ番組は、
 記憶力をためす問題です。

▽そして、
 それで高得点であれば、ある種頭が良い
 ・・という評価をしています。
 ・・というか、そういう価値観を観る人に植え付けています。

▽記憶力は重要な要素だとは思いますが、
 だから、頭が良い・・とは直接結びつきません。
 すくなくとも、これはAIが最も得意とする分野で、
 今でもGoogleで調べれば、何でも出てきます。

▽私たちが目指すべきところは、そういうところではない
 ・・と思います。

▽皆さんも、この本を読んで、
 じっくり考えてみてください!

▽お勧めの一冊です。

【お勧めの一冊】
AI vs. 教科書が読めない子どもたち



~*~*~*~ 《↓出張が決まったら↓》 ~*~*~*~







 ==========================

 Banner-selectshop

 ⇒北林 優さんの著作
 ⇒オフタイム成功 お勧めの一冊
 ⇒禁煙の本
 ⇒漢方の本
 ⇒地球の歩き方DS
◆【ブログメール】(左欄)のサービスをご利用ください。このサービスは、私がブログを
 更新すると、登録されている皆さんに、そのことをメールでお知らせする・・
 というものです。
 詳しくは ⇒ http://offtimeseikou.blog73.fc2.com/blog-entry-99.html

 Banner-中年ハワイ

◆兄弟ブログの『中年夫婦で楽しむハワイ』もどうぞよろしく!
  http://chuunennhawaii.blog85.fc2.com/